2004年 2003年
年も2004年5月29日から6月13日まで「ほたる祭り」が開催されました。メインイベントが行われたのは去年と同じ6月第1土曜日の5日と日曜日の6日でした。6日(日)は午後5時30分頃から雨が降り出し残念でしたが、今年の「ほたる祭り」も好評でした。
今年は去年と比べホタルが少なかったです。理由は去年の夏の台風でホタルの卵が幼虫になる前に腐ってしまったり、幼虫になっても台風で流されたり、幼虫のエサになるカワニナも流されエサが足りなかったなどでした。
毎年美郷にホタルを見に来ている方は、「少ないな」と思ったかもしれませんが、初めての方はホタルの数に驚いたようです。
警察発表では、5日土曜日の来村者数は10,000人でした。例年になく多い人出でした。新聞やテレビで昨年以上に何度も美郷のホタルの事が報道されたからだと思います。「水野真紀さん効果」だったかもしれませんが・・・。
タルが最も光るのは午後8時から9時までの約1時間ですが、それを過ぎても5日(土)は、どんどん自動車が美郷に入って来ていました。国道192号線の山川町の交差点から美郷ほたる館まで普段なら自動車で10分もかかりませんが、この日は1時間程かかる大渋滞でした。もちろん見終わって帰る自動車も大変だったと思います。
美郷は普段は静かなところですが、この日は大賑わいでした。事故が無かったことが幸いでした。
5日(土)午後5時からは美郷指定無形文化財「城戸の獅子舞」が披露されました。昨年は隣町の鴨島鳳翔太鼓だけで寂しい思いをしましたが、次の世代に伝えるべき無形文化財が披露され意義深い催しになりました。
たる祭り期間中の2週間、ホタル観察ツアーを毎晩開催しました。毎回20人を超える参加者があり、最終的には合計350人になりました。この観察ツアーは去年まで「ほたる祭り」のメインイベントとして土曜日と日曜日に2日間だけ行ってきましたが、美郷商工会や宝さがし探検隊員の協力で、毎晩無事実施することができました。今年は先にも書いたようにホタルの数が少なかったのですが、宝さがし探検隊による解説つきツアーは参加者に好評でした。
今年もやりました、アメゴのつかみ取り。これは6日(日)のメインイベントで、今年も大好評。アメゴは隅っこに行く習性があるのを子どもたちは知っていました。我先に特設プールの角にドカッと座り込み、もらったビニール袋に次々にアメゴを入れていました。ひとりで20匹以上捕った子どももいました。そうそう、網を持って捕っていたツワモノがいました。終わってからスタッフが気づいたのですが後の祭りでした。やれやれ。

ページ左上のほたる館ロゴマークをクリックするとTOPページに戻ることができます。